老夫婦イメージ

高齢になってから保険に入るメリットはあるのか!?

結構年齢が高くても入れる保険はたくさんあります。ただ、確実に保険料はすごく高くなるので、本当に入るメリットがあるのかどうかというとあまりありません。

医療保険についてはCMとかで結構やっているので気になっている人は多いと思いますが、医療保険の場合は2,300万円程度医療費にかかっても大丈夫な位の蓄えがある人であればわざわざ入る必要はないと思います。

ただ、そこまで生活に余裕がなくて、今入院したら支払えるゆとりがないという人は保険料が高くても医療保険に入っておいた方がいいかと思います。

入院日額については本当に安い、最低限のものでいいので入っておいて欲しいと思います。

通常の入院の場合、国の高額療養費制度を使えば高齢者の場合かなり支払い金額は少なくて済むので、本当は医療保険がなくても乗り切れるケースが多いのです。

そこで考えておきたいのが可能性として先進医療を受ける可能性があるという事です。

先進医療というのは保険の適用にならないので、これは自費で払わないといけない治療になります。

ガンなどの場合、金額の大きいものであれば1回当たり100万、200万とかかってくるので、自力で払えそうになければ確実に先進医療特約を付けて医療保険に入っておいた方がいいと思います。

それからもう1つ理由があります。高齢になってきてそれなりに蓄えがある人の場合は相続の事が出てくると思います。

そこまで相続税がかかる人はすごく少ないんですけども、子どもが2人、3人といた場合に、平等に財産を残そうと思ったら、持ち家にしか財産がないなど分配がしにくい場合があってかなり揉めてしまう事があります。

そういった事が無いように保険を使うという方法があります。

商品としては一時払い終身保険とかになりますが、それらを使って受取人を相続させたい子どもの名前にして保険に入っておくと、兄弟が揉めずにスムーズに相続が行われるので医療以外にもそういった事も考えてみて欲しいかなと思います。

退職してからお金が無いとあわてる前に

高齢者の方は基本的に保険にすごく入りにくいです。すでに持病を持っていて体調の面に不安があったりするからですね。

といっても、必要以上に保険の特約などを付けることはお勧めできません。保険屋さんのいうがままに色々な無駄な特約をつけてしまい、退職してから予想以上のお金が足りなくて、すぐに解約することになってしまってはせっかく自分のための保険がいつの間にか自分を苦しめるための保険へと変わってしまいます。

退職するということは自分の生活自体が根本から変わることなので、そのときに合った保険に加入するべきです。いま入っている保険は無駄じゃないのか?シニア保険に切り替えたほうが良いのか?といったことをきちんと見直す良い機会かもしれません。

ちなみにウチの父親は色々な保険に加入しすぎていたみたいですごく損をしたということでした。すごく損をしたのをわかってから色々なパンフレットを請求していましたが、損をする前から意識しておいたほうが良かったですよね。。。

といっても、人間、実際にそのときになってからあわてるのが普通なのかもしれませんね(苦笑)

高齢者の自動車盗難事件が続発!!

いま、高齢者の自動車がよく盗難のターゲットにされています。理由としては、セキュリティの甘さからですね。鍵の閉め忘れや車の中に金銭を置きっぱなしにしてしまう方も少なくないためターゲットになりやすいのです。

参照 :愛車の盗難を防止!自動車のセキュリティ対策